任意売却は住宅ローンを払えなくなった人のためにある制度ですが、その他の住宅トラブルが原因で任意売却をする人もいます。
例えば、離婚や転勤などの事情で家を手放さなければならなくなったケースです。
また、珍しいケースかもしれませんが、ペットと住む家を大切にしているために任意売却をする人もいます。
ペットと暮らしていると、隣人から苦情がくることがあります。
その時に、ペットを手放すか、売却をして引越しをするか、決断を迫られます。

ペットも家族なんです!

ペットは家族なので、一緒に住み続けることができたら理想です。
しかし、マンションではそもそもペットが禁止されていることがありますし、一軒やでも隣人などから苦情が来てしまうことがあります。
ペットと平和に住み続けるために、引越しを選択する人もいます。
住宅ローンを滞納していないならば、通常の方法で不動産を売却することができます。
査定をしてみた結果、オーバーローンとなっていたら、不動産売却はできません。
住宅ローンを滞納してしまっているケースや、オーバーローンとなってしまっているケースでも、任意売却という方法ならば住宅をほとんど相場通りの値段で売ることができます。
任意売却は住宅ローンを返済できなくなった人のための制度として考えられていますが、さまざまな住宅トラブルで家を売却したいという人も、任意売却という方法をとることができます。
デメリットも存在しているので、専門家のアドバイスをしっかりと聞いておきましょう。

住み続けられる幸せを噛み締めて

任意売却の良い点は、家が高く売れるということです。
3000万円の価値がある住宅があったとして、競売になったら1800万円~2400万円くらいの安値で売れてしまうことも多いようです。
任意売却をすれば、相場通りの3000万円で売れる可能性もそれなりに高くなります。
100%成功するというわけではないものの、実績のある業者に依頼をしたら高い確率で成功するようです。
デメリットも存在しているので、いくらかは相場よりも安く売れてしまう可能性も考えておきましょう。
家が高く売れたら、次に住むマイホームの選択肢も増えることになります。
賃貸で暮らすという選択肢も悪くありません。
ペットと安心してすみ続けられるという幸せのほうが、マイホームで暮らすことよりも優先するべきものなら、そうしたほうが人生の幸福度はアップします。
住宅ローンが残っていて、しかもオーバーローンとなってしまっている時にも、任意売却という制度を知っていれば役に立つという1つの例です。

◎ピックアップHP
任意売却の事や住宅ローン滞納の事で相談するならこちら
任意売却のプロフェッショナル クルーズ東京さん